FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PS4ついに敗北か!? ソニー「今年度は自社制作ソフトが若干少ない、サードの独占契約も難しくなってきてる」

PS4 サードに関連した画像-01
2015年のPS4ファーストパーティタイトルは「若干少ない」とソニーが認める、またサードの独占契約も難しくなってきている

PS4 サードに関連した画像-02

「Sony IR Day 2015」にて事業戦略を語った、SCEアンドリュー・ハウス社長。ファーストおよびサードパーティタイトルの確保について「非常に積極的に」取り組んでいることを明かしていました。

特にサードの独占コンテンツ契約に奔走しているようで、これは自社制作ソフトが今年度「若干少ない」ことが背景にあると説明。

「これ(ファーストの不足)により、サードパーティのサポートを得ることが非常に大事になってきています」とハウス社長。詳しくは明かしませんでしたが、完全な独占契約というよりは、シェア機能などPS4の強みを活かしたコンテンツ作りをサード各社に奨励しているようです。

もちろん『ストリートファイター4』のように完全な独占契約も戦略の一部ではあるものの、「確保が難しくなってきている」と言及。

「2015年はPS4にとっては収穫期の始まりである」と述べつつも同時に「投資の年でもある」と語っています。

情報元



これがPS&XBOXがアホみたく性能競争して進めてきた結果のハイリスク・ローリターンな市場の末路
これから加速度的にもっともっとひどくなるよ
まともにビジネスモデルたてらんないもの、今のCSゲーム市場

ずっとずっと任天堂はこうなることを予測して危惧していた




スポンサーサイト
[ 2015/05/30 09:27 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する