上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゲームに暴力表現は必要なのか?ゲームの世界観を体感するには戦闘するしかないと嘆く声も

暴力 世界観に関連した画像-01


海外フォーラムで「ビデオゲームに暴力表現が必要なのでしょうか」という疑問を提起され、論争が巻き起こっています。

投稿者は「なんでどのゲームも“暴力的”なんだ?!暴力表現の代わりになるものは?」というスレッドを投稿し、『Fフォールアウト4』のゲーム性に焦点を当てながら、「美しい世界観を体感するには、キャラクターを“殺害”する以外に方法がない」と指摘。
「暴力表現」に抵抗を持つというよりも、ゲームの世界観を「戦闘」以外で味わえないことに疑問を感じたようです。

これに対しユーザーからは、無法地帯と化している荒廃した世紀末の世界では、“暴力”を避けるのは無理難題ですが、敵を殺さない「平和主義」的なプレイスタイルもあると注釈。
しかし、「本当に面白く遊べる“非戦闘系ゲーム”というジャンルは廃れているかもしれない」とのコメントや、、「ゲーム作りの中でも、“暴力表現”を描くのは最も簡単かつ怠慢なやり方です。他のやり方はないのだろうか?」と主張するコメントまで見受けられた。

「バイオレンス描写」という表現手法はジャンルを超えた上でも議論の余地が残されているようです。
スポンサーサイト
[ 2016/02/27 17:13 ] ゲーム | TB(0) | CM(3)

任天堂サイコー!ゴキゲーは人殺しばかりでうんざりです!

[ 編集 ]

暴力表現のない脳死ギャルゲーをみんなでやろう!
[ 編集 ]

僕なつとかぶつ森みたいなのとか
スポゲーみたいなルールという枠が決まっている限られたジャンルはあるけど
出来ないこと、ありえないことを追体験するのがゲームの基本であって
人間が暴力的なことは90%以上がモラルに反すると思っているから
なくなりはしないし、消し去ること自体が無理

[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokanko206.blog.fc2.com/tb.php/650-d23c5fdc