上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CGで少女のヌードを描いたデザイナーに有罪判決…東京地裁



判決は下れり。3月15日、児童ポルノとは何かという根本を問い、前代未聞の騒動となったCG児童ポルノ裁判の判決が、東京地裁第528号法廷で下され、三上浩史裁判官は被告のT氏に有罪判決を下した。

この裁判は、2013年7月に、CGで描かれた少女のヌードをめぐり、岐阜県在住の男性T氏が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕されたというもの。「過去に販売されていた少女ヌードの写真集をスキャンし、加工して販売した」とする捜査当局に対して、逮捕されたデザイナーの男性は、写真集は参考に使った程度で、実際には想像で描いたものだとし無罪を主張して争っていた。

2013年12月に始まった裁判は、進行協議などをめぐって1年以上中断。昨年10月よりようやく再開し、動向が注目されていた。現在、判決文の朗読が続いている。
http://otapol.jp/2016/03/post-6016.html
スポンサーサイト
[ 2016/03/16 12:33 ] 痛いニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokanko206.blog.fc2.com/tb.php/706-2752bb3a